新着情報

  • 最新のWi-Fi規格 Wi-Fi6導入できます!

    2021.03.13

    このたび、未来ネットでは、最新のWi-Fi規格である「Wi-Fi6」対応の埋込型Wi-Fiを導入することができるようになりました。
    今後の埋込型Wi-Fiのインターネット設備導入には、「Wi-Fi6」対応の設備が使われます。
    埋込型Wi-Fiの設備導入をお考えのオーナー様は、ぜひ未来ネットで導入を決めてください!


    「Wi-Fi6」の特徴

    「Wi-Fi6」とは、6番目のWi-Fi規格「11ax(IEEE 802.11ax)」の呼称で、1つ前の「11ac」をWi-Fi5、2つ前の「11n」をWi-Fi4と呼びます。

    「Wi-Fi6」には、今までのWi-Fiと比べて「高速」「混雑に強い」「省エネ」という3つの特長が挙げられます。

    •「Wi-Fi6」の最大通信速度(理論値)は、約9.6Gps、「Wi-Fi5」の約6.9Gpsと比べて約1.4倍も高速になります。

    •「Wi-Fi6」は混雑に強い。「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術が採用されており、多台数の機器が同時にWi-Fiにつながっている状態でも、通信の順番待ちが発生しないので、快適にWi-Fiを利用できます。

    •「Wi-Fi6」は省エネ。スマートフォンなどのバッテリー消費を抑える「TWT」という技術が採用されています。Wi-Fi親機から端末へのデータ通信タイミングを調整し、信号受信待機の必要がない時に、子機側の通信機能をスリープ状態へ移行させることで消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることができます。

    「Wi-Fi6」での通信を利用するには、「Wi-Fi6」対応機器同士でのみ通信が可能ですが、「Wi-Fi5」や「Wi-Fi4」など、従来の規格にも対応しているので、既存のWi-Fi子機とは従来規格を利用して通信可能です。


    今後、「Wi-Fi6」対応のスマートフォンやパソコンなどが普及してきます。「Wi-Fi6」対応の埋込型Wi-Fiで将来を見据えた設備導入をおススメします!

  • 新着記事

    カテゴリー